DSC06844

小さい子どもを連れた海外旅行は賛否あると思いますが、わが家は子どものためというより完全に親のリフレッシュの目的で年1回ぐらいは海外旅行に行きたい派です。
元々は夫婦ともバックパッカー旅行が好きだったのですが、さすがに子どもを連れて安宿や安食堂というわけにもいかないので、できるだけ子ども(と親)の負担が小さく、安心安全な旅行先という基準で旅先を選定しました。

ちなみに前年はマレーシアのペナン島に行きました。この時子どもの年齢は1歳4ヶ月。初めての子連れ海外旅行でした。

↓詳しくはこちらのブログを見てください。


年に1度の海外旅行。2015年の年末はどこに行くか?

1年経って現在年齢は2歳4ヶ月ですが、スペックはあまり変わっていなくて、変わったところとしては口が達者になったのと、自己主張が強くなったぐらいでしょうか。

歩行距離も以前よりは長くはなっていますが、それに逆行して抱っこを主張する技術も付いてきているため、結局1年前とあまり変わらず、あまり長距離、長時間は歩けません。

なので、あちこち移動するような旅行はまず無理。とすると自ずとホテル滞在型のリゾートに絞られてきますが、基本的にバックパッカー的な予算感覚なので、高級リゾートは金銭的にも精神的にも無理です。
 
また、子どもがじっとしていないので、飛行機の移動時間は短いに越したことはなく、そうすると、「ある程度近場でそんなに高くないリゾート」という条件に絞られてきます。

DSC06682

さらに、ささやかな希望として、できれば異国情緒のエッセンスもあるとうれしいなということで、昨年はマレーシアのペナン島、今年はフィリピンが候補になりました。

子どもがもう少し大きくなれば選択肢は広がるのですが、全行程自力歩行ができなかったり、オムツが必要だったりする限りは、近場のアジアンビーチ系が一番無難な気がします。

 
今回のセブ旅行で使ったのはこちらのサイト。

エイビーロードのセブツアー
⇒まずは相場のチェック的に使うイメージ。何社かに問い合わせを入れて、混雑状況をリサーチしておくのもよいと思います。

JTBのフィリピンツアー
⇒年末年始や夏休みなどの混みあう時期に力を発揮するのが大手の旅行会社。在庫の確保力が違うので、保険の意味でも必ず問い合わせることにしています。

コスタベリャの口コミ(トリップアドバイザー)
⇒ホテルを決める際はめちゃめちゃ口コミを見ました。現地でレストランを探すときにスマホで調べたりもしました。地図から探せるのが現地で重宝します。

はじめて海外旅行ガイド
⇒別にはじめての海外旅行ではないけど、持ち物チェックなどで毎回使ってます。