DSC06661

一夜明けて2日目の朝。なんだか食べてばっかりですが、夕食と同じレストランで朝食バイキングです。

朝食はほとんどの宿泊客が食べるので、レストランを見渡すと、どういう客層が泊まっているのかわかります。ざっと韓国人、アメリカ人、フィリピン人、日本人といった顔ぶれ。セブは韓国人が多いと聞いていましたが、そこまで韓国人だらけというわけでもなさそうです。(ただ、韓国人にはおなじみの朝食時に持参のキムチを食べる光景は健在)

DSC06623

一方目につくのが、フィリピン人妻とアメリカ人夫の組み合わせ。在フィリピン米軍の関係者なのでしょうか。日本人はわが家のようなファミリー層もいますが、どちらかというと非ファミリー層のほうが多そうな印象でした。勝手なイメージですが、草食系より肉食系が多そう。

DSC06627

二歳児向けではない?微妙な朝食ラインナップ

朝食バイキングの構成は、
主食:パン・ごはん・もち米
おかず:ベーコン・コロッケ・フィリピン料理
サラダ:レタス中心
卵:オムレツか目玉焼き、フレンチトーストとパンケーキも
麺:4種類の麺に好みの具を入れて作ってくれる
デザート:スイカやマンゴーなどフルーツ
という感じでした。

それぞれカテゴリ内で日によって中身は入れ替わりますが、全体の構成は変わりません。

 DSC06632

感想としては、ごはんメインで行こうとすると、おかずがあまりないのがネックでした。あるにはあるのですが、ごはんに合わないものが多い印象。一方パンメインで行こうとした場合も、サラダが充実していなかったり、おかずがフィリピン料理中心だったり、ちょっと中途半端です。

 DSC06629

ただ、口コミでも評価の高かったフランスパンで作るフレンチトーストは絶品でした。他のテーブルではこればっかり食べている人もいました。(上の写真がフレンチトースト。うっかりご飯に添えるというワイルドな盛り付けをしてしまいました)

DSC06743

滞在中3回朝食を食べましたが、2歳児はロールパン、オムレツ、サラダ、フルーツなどを食べてました。本当は生野菜じゃない加熱野菜が欲しかったのですが、残念ながら見当たらず。もう少し子供向けメニューもあるといいなあと思いました。


今回のセブ旅行で使ったのはこちらのサイト。

エイビーロードのセブツアー
⇒まずは相場のチェック的に使うイメージ。何社かに問い合わせを入れて、混雑状況をリサーチしておくのもよいと思います。

JTBのフィリピンツアー
⇒年末年始や夏休みなどの混みあう時期に力を発揮するのが大手の旅行会社。在庫の確保力が違うので、保険の意味でも必ず問い合わせることにしています。

コスタベリャの口コミ(トリップアドバイザー)
⇒ホテルを決める際はめちゃめちゃ口コミを見ました。現地でレストランを探すときにスマホで調べたりもしました。地図から探せるのが現地で重宝します。

はじめて海外旅行ガイド
⇒別にはじめての海外旅行ではないけど、持ち物チェックなどで毎回使ってます。